サーチャ&ラメル
 

日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル)

商品詳細

メーカーハセガワ
スケール1/350
シリーズ1/350 艦船(ハセガワ)Z24
発売日 2007年10月中旬
参考価格 ¥20,900(税込)
代引前払価格 ¥16,720(税込)代引・銀行・コンビニ
通常価格 ¥19,855(税込)カード・後払い決済
取得ポイント 167ポイント(198ポイント)
JANコード 4967834400245
商品コード40024
お気に入りに追加する
登録数16
日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル)
ユーザーエリアへ移動(評価33名)
パッケージ日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) パッケージ1
商品画像日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 商品画像1日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 商品画像2日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 商品画像3日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 商品画像4日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 商品画像5日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 商品画像6日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 商品画像7もっと見る...
中身日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 中身1日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 中身2日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 中身3日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 中身4日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 中身5日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 中身6
解説日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 解説1日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 解説2
塗装日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 塗装1日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 塗装2
設計図日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 設計図1日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 設計図2日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 設計図3日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 設計図4日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 設計図5日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 設計図6日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル) 設計図7もっと見る...
商品シリーズ


★初回特典は予告なく終了いたします。ご了承ください。

●今回の「戦艦 長門」は時間をかけてじっくり作る喜びをお楽しみいただける製品です。
●再限度を限界まで追求した結果、約850点の部品点数となりました。
●1年5ヶ月に及ぶ開発期間。
●模型全長:643mm
●模型全幅:110mm
●組立図は3部構成:組立説明図、別冊実艦解説書(モノクロ16ページ)、別冊塗装指示書兼張り線指示書

●戦艦「長門」は、大正8年(1919年)11月9日進水式が執り行われ、大正9年(1920年)11月25日、八八艦隊計画の一番艦として竣工し、竣工当時、世界最大の41センチ主砲を装備、最大速度は26.7ノット(最終公試時)を記録し、世界最強最速の戦艦でした。
●連合艦隊旗艦を長く務め、日本の海軍力を誇示するため広報活動に重用され、「長門と陸奥は日本の誇り」と呼ばれ、戦前から戦中の日本で最も国民に親しまれた戦艦と言われています。
●約3万メートルの長大な射程を誇る、41センチ主砲を搭載するため、主砲指揮所、観測所、戦闘艦橋などを高い位置にする必要があり、そのため複雑で独特な形状の艦橋となっています。
●中心に大きな柱があり、6本の支柱が支える構造は、櫓檣(ろしょう)と呼ばれ「長門」完成後、欧米列強海軍注目の的となりました。
●高い艦橋のために艦橋に指揮官用エレベーターを取り付けた最初の戦艦です。
●また櫓檣上部には、日本で初めて基線長10メートルの大型測距儀が装備されました。
●昭和9年(1934年)4月、呉海軍工廠で近代化大改装工事に着手。
●砲戦距離を増大するため、主砲の仰角を30度から43度に引き上げ、45口径八九式41センチ連装砲に換装。
●防御は、水中防御に重点がおかれ舷側には巨大なバルジを装備。
●対魚雷防御と同時に重量増による喫水増加を防ぎました。
●21基あったボイラーは全て重油専焼缶となり、そのうち4基が大型だったため、合計10基のボイラーによりさらに2千馬力増を実現、8万2千馬力となり、そのため2本あった煙突は1本にまとめられ、永年国民に親しまれた誘導煙突は姿を消しました。
●艦尾延長とバルジ増強で重量は約6千5百トン増加しましたが、速力はなお25ノットで航行することが出来ました。
●こうして「長門」は、公試排水量4万3千5百80トンの近代化した全く新しい戦艦として、昭和11年(1936年)1月31日に生まれ変わり、ほぼこの姿で開戦を迎えました。
●パッケージサイズ/重さ : 78.6 x 27.7 x 18.7 cm / 2680g

【通販のご予約について】
予約商品の発売予定日は大幅に延期されることがございます。
人気商品は問屋への注文数がカットされることがあり、発送できない場合がございます。
販売価格や仕様等が変更される場合もございます。
詳しくは通信販売でのご予約購入についての注意をお読みください。

日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル)をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

日本海軍重巡洋艦 最上 (昭和17年) (プラモデル)
フジミ
1/700
シーウェイモデ...
¥2,992
日本海軍重巡洋艦 三隈 (昭和17年) (プラモデル)
フジミ
1/700
シーウェイモデ...
¥3,344
英国海軍 駆逐艦 ジャーヴィスSD (プラモデル)
アオシマ
1/700
ウォーターライ...
¥2,464
AS565 パンサー (プラモデル)
Trumpeter(ト...
1/35
¥10,384
日本海軍駆逐艦 島風 最終時 旗・艦名プレートエッチングパーツ付き (プラモデル)
ピットロード
1/700
スカイウェーブ
¥2,816
ホビージャパンエクストラ2019 Autumn (雑誌)
ホビージャパン...
A4変形
月刊ホビージャ...
¥1,210
陸上自衛隊 AH-64D アパッチ・ロングボウ (プラモデル)
モノクローム ,...
1/72
ヘリコプター
¥2,112
海上自衛隊護衛艦 はるさめ (DD-102) (プラモデル)
アオシマ
1/700
ウォーターライ...
¥1,408
35(t) 軽戦車 (プラモデル)
Academy(アカ...
1/35
¥2,816
海上自衛隊 ミサイル艇 はやぶさ うみたか 2隻セット (プラモデル)
アオシマ
1/700
ウォーターライ...
¥1,320
ユーザーエリア
日本海軍戦艦 長門 昭和十六年 開戦時 (プラモデル)
ユーザー評価 ユーザー評価
この商品の評価は4.52です。
現在33名の方から評価を頂きました。

投稿画像・コメント

投稿一覧
まだ投稿はありません。
[ 投稿フォーム ]
画像1
画像2
画像3
ニックネーム
コメント
※関連性のある投稿をしてください。
※画像は最大5MB以内、jpg画像で投稿してください。
※営利、広告目的とした内容は投稿できません。(同業ショップの話題もNGです)
※「画像」のみ「コメント」のみでも投稿可能です。
投稿規約