サーチャ&ラメル
 

T-34/85 Mod.1944 第174工場 (プラモデル)

商品詳細

メーカーRye Field Model(ライフィールドモデル)
スケール1/35
発売予定日 8月(2020/6/19予約開始)
参考価格 ¥5,610(税込)
代引前払価格 ¥4,207(税込)代引・銀行・コンビニ
通常価格 ¥5,049(税込)カード・後払い決済
取得ポイント 42ポイント(50ポイント)
JANコード 4897062620514
商品コードRFM5040
予約締切
お気に入りに追加する


登録数10
T-34/85 Mod.1944 第174工場 (プラモデル)
ユーザーエリアへ移動(評価6名/投稿7件)
パッケージT-34/85 Mod.1944 第174工場 (プラモデル) パッケージ1
その他の画像T-34/85 Mod.1944 第174工場 (プラモデル) その他の画像1T-34/85 Mod.1944 第174工場 (プラモデル) その他の画像2T-34/85 Mod.1944 第174工場 (プラモデル) その他の画像3T-34/85 Mod.1944 第174工場 (プラモデル) その他の画像4T-34/85 Mod.1944 第174工場 (プラモデル) その他の画像5


●T-34は第二次世界大戦から冷戦時代にかけてソ連と旧ワルシャワ条約機構加盟国を始めとした第3世界諸国を中心に使用された中戦車です。
●T-34/85は大型3人用砲塔に85mm戦車砲を搭載したタイプで、一般的にはS-53戦車砲を装備したタイプを1944年型と分類しています。
●1944型は1943年型と比べ駐退機構の小型化により主砲基部がシンプルなデザインとなり、無線機の移設によりキューポラ前にアンテナが設置され、砲塔上部のベンチレーターは排気能力を向上させるため2基配置されました。
●1944年型は第183工場を中心に生産され、1944年6月からはロシア南部のオムスクにある第174工場でも生産が開始されました。

●全長:8.10m
●車体長:6.10m
●全幅:3.00m
●全高:2.72m
●重量:32.0t
●乗員:5名
●エンジン:V-2-34 4ストロークV型、12気筒液冷ディーゼル
●武装:54.6口径85mm戦車砲S-53又はZIS-S-53x1、7.62mm機関銃DT又はDTMx2

【キット内容】
●エッチングパーツ付属
●マーキング4種付属

【通販のご予約について】
予約商品の発売予定日は大幅に延期されることがございます。
人気商品は問屋への注文数がカットされることがあり、発送できない場合がございます。
販売価格や仕様等が変更される場合もございます。
詳しくは通信販売でのご予約購入についての注意をお読みください。

T-34/85 Mod.1944 第174工場 (プラモデル)をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

T-34/85 w/D-5T 第 112工場製 1944年春 フルインテリア (内部再現) (プラモデル)
Mini Art(ミ...
1/35
¥6,600
IV号戦車 J型 最終生産型 Sd.Kfz.161/2 w/フルインテリア (プラモデル)
Rye Field Mo...
1/35
¥9,416
ソビエト T-34/76 1942年製 六角砲塔 (プラモデル)
Zvezda(ズベズ...
1/35
¥2,805
III号戦車 N型 w/シュルツェン (プラモデル)
TAKOM(タコ...
1/35
BLITS
¥3,877
ソビエト中戦車 T34E/T34-76 (2in1) (プラモデル)
Border Model...
1/35
¥5,692
エジプト軍 T-34/85 フルインテリア (内部再現) (プラモデル)
Mini Art(ミ...
1/35
¥6,600
T-34/85 w/D-5T 第112工場製 (1944年春) (プラモデル)
Mini Art(ミ...
1/35
¥5,610
T-34/85 チェコスロバキア製初期型 フルインテリア (内部再現) (プラモデル)
Mini Art(ミ...
1/35
¥6,600
ユーザーエリア
T-34/85 Mod.1944 第174工場 (プラモデル)
ユーザー評価 ユーザー評価
この商品の評価は1.83です。
現在6名の方から評価を頂きました。

投稿画像・コメント

投稿一覧
投稿7件
1: 匿名: 2020/06/19 22:17:32 ID:a327cec6
なんというか、CGから残念感漂う。
おおまかな外見は174工場製の1944年型中期型(おおむね夏頃の生産)
問題は、キューポラの形状がハッチまで寸胴なはずなのに、CGではすぼまってるように見え、174工場の独自形状ではなさそう。
CGでは判別できないけど、車体後面の接ぎ方が実は174工場だけ独特で、上面パネルが短いのだが、そこを再現しているかどうか。

骨の髄までバリーションを出す、ウクライナのミニアートもT-34-85に参戦しますし、様子見かなぁ
2: 匿名: 2020/06/19 22:41:22 ID:a327cec6
また、フェンダーの形状が前期型の丸型ではなく、後期型の角型フェンダー
角型の登場は1944年後期なので、砲塔と時期が合わなくなる。
一方で、ランナー画像の上から2番目の砲盾の形状が、砲基部がひし形に見えるので、もしそうなら1944年前期型のパーツとしては初かも。
問題は、転輪のゴム部に小穴も溝もない点。このままだと、他部と時期の整合性取れないのでミニアートの転輪セットから転用必須になりますね。

現状の予想だと、ミニアートから転輪調達+他キットからフェンダー流用して、174工場製の1944年初期型として組むのが、キューポラとの兼ね合いからよさそう
3: 匿名: 2020/06/20 16:25:18 ID:901fca98
>1.2
流石ライフィールドモデルですな・・・
4: 匿名: 2020/06/20 19:34:55 ID:54ad438c
もっと慎重を期さないと……。
単純円筒形のキューポラは、T-34-85第174工場製で最初から全車で見られた訳ではなく、鋳造縫合ライン大幅変更(44年秋頃と言われる)より少し前頃から頻繁に現れるようになるようです。
転輪については、この車輛でもゴム縁に刻み目も小穴も無いものが記録写真で複数見られます。
第174工場製の後面の特徴は幅広ヒンジだと一般的に認識されています。何か発見したのかな?
CGの角形フェンダーや車体機銃小防楯の若干大きい照準孔は、確かに44年夏/初秋頃では辻褄が合いません。これは戦後運用時の姿をサーチした可能性があります。
5: 匿名: 2020/06/26 1:00:34 ID:a327cec6
>4
車体後面の組み合わせは183工廠と同じでしたね。112工廠をメインに扱ってる資料見てたから失念してた。
麦畑の転輪は小穴・刻み目無しとしても、ゴム部の側面に筋のモールドがなかったりボルトに違和感が。

砲塔に関してはベンチレーターの右よりも再現してるようだし、キューポラが装甲増圧タイプに変わる前の上面を再現してるね
車体は正面にキャタピラを追加できるようになったのが1944年秋頃で、角型フェンダーも他より比較的導入が早い見たい(フェンダー省略型も大戦末期にいるけど)
操縦手ハッチは174工廠独特のへこみまで再現してる点ではポイント高い。

1944年秋ごろならば、ラインの切り替えで少数はキットの仕様もいたかもしれないけど、砲塔と車体で時期のちぐはぐなのが気になる。
砲塔はAFVクラブが後期型溶接ラインで、麦畑は前期型溶接ラインだから、すみわけはされてるけれども。
6: 匿名: 2020/07/10 15:06:15 ID:17e7bc29
>5
溶接ラインって?
砂型の分割ラインのことですか?
7: 匿名: 2020/07/31 0:12:44 ID:f3fcd4dd
>>車体後面の接ぎ方が実は174工場だけ独特で、上面パネルが短いのだが

ん?どゆこと?
投稿7件
[ 投稿フォーム ]
画像1
画像2
画像3
ニックネーム
コメント
※関連性のある投稿をしてください。
※画像は最大5MB以内、jpg画像で投稿してください。
※営利、広告目的とした内容は投稿できません。(同業ショップの話題もNGです)
※「画像」のみ「コメント」のみでも投稿可能です。
投稿規約